お問い合わせ
メールでのお問い合わせはこちら
サポートニュース
2022.05.16
夏の暑さ5月に入って、もう2週間が過ぎました。

これからは気温もぐんぐん上がって、ムシムシとした梅雨が来るなぁ…。40℃近い気温の夏が来るなぁ…。そう考えるだけで熱中症になりそうです。

熱中症と同じく、暑い時期により起こりやすいのが脱水です。ネットで少し調べるだけで様々な兆候や対処法が出てきますが、その中でも在宅療養ということで私が気を付けている兆候は「脈拍」と「発熱」です。
「脈拍」
脱水によって血圧は下がります。心臓が体の端までに必要な酸素を送ろうと収縮を速めるため、脈が速くなります。

「発熱」
人は汗によって体温調節をしますが、水分とナトリウムやカリウムなどの電解質が足りなくなると体温が下がりにくくなり、発熱の状態が続いて脱水症に陥りやすくなります。
これらは器具がなくても触診で測定可能です。在宅療養では自身で症状を訴えることができない方もいらっしゃる中で、いち早くその他の兆候や症状と併せて考え気づいていきたいものです。

今後もホームケアアライアンスは、ご利用者様と共に厳しい夏の時期を乗り越える支援をしていきたいと思います。
更新履歴
2022.05.18
よくあるご質問」を更新しました。
2022.05.16
サポートニュース」を更新しました。
2022.05.09
サポートニュース」を更新しました。
メールでのお問い合わせはこちら